各種講習のご案内 プール安全管理基礎講座 講師・指導者派遣

楽しいプールで、悲しい事故をくり返さないために!

banner  現在、国内には約4万ヶ所ものプールが設置され、教育やスポーツやレジャー、リクリエーションに活用されています。学校教育における水泳指導や、スイミングスクール等も普及し、ほとんどの人々が水泳を経験したり、泳げるようになっています。また、日本は水泳競技レベルが世界的に高い水準に位置しています。さらに、プール施設の規模や、その施工技術、衛生管理基準を達成するためのろ過、浄化システム等、いずれも先進的で、高い技術により支えられています。

 しかし、このように恵まれた水泳教育、水泳施設等の環境にありながら、最も重要な人命に関わるプールの安全利用教育や、実際の安全管理は後回しにされていると言わざるを得ません。

 2006年7月31日にさいたま県ふじみ野市で発生した少女の環排水口への吸い込み事故は、その悲しみと共に、いまだに記憶に新しく残っていますが、この事故に象徴される過去の多くの事故により失われた尊い命の犠牲も、まさにこのように立ち遅れたプールの安全教育や、安全管理のあり方に因って生まれてしまったと言っても、決して過言ではないと思うのです。

 そして、この事故を契機に、この国のプールの安全のあり方が見直されはじめ、国土交通省、文部科学省が連携し「プールの安全標準指針」を策定し、関係各所に通達されました。

 私たち日本プール安全管理振興協会は、これらの社会的ニーズに対応すべく、全国の安全管理の現場で「プールの安全標準指針」の内容がより良く理解され、遵守されていくための一助としての役割も担うべく、プールの安全に関わる問題の更なる究明と、改善を目的として活動を展開してまいります。

 どうぞ皆様のご理解とご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

日本プール安全管理振興協会からの提言

プール安全の日 毎年、プールの安全について見直していただくためにプール安全の日を定めました。

詳しく見る

プール安全標準指針 国がプール安全の指針を定めました。全国のプールがこれを基準に安全管理を始めています。

詳しく見る

プール安全管理の現状と問題点 プールの安全管理は現在の方法で十分でしょうか?その課題についての私たちの考えです。

詳しく見る

Copyright ©2012-2013 Japan Pool Safety Association All Rights Reserved.